スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本さつまやのステーキは 

うちの牛肉ステーキのほとんどは、あか牛の内モモです。
地元の畜協から届けてもらっています。
画像 029
脂身がさっぱりしていて
程よい歯ごたえが赤肉の良さを引き立てると思っています。

お肉の先生はリストランテ宮本の宮本けんしんさんです。
テーブルで御一緒した時の舌に乗ってくる味や風味の分析力には圧倒されました。
配合飼料と牧草の干草と生草の割合を言い当てられたからです。
一生かかってもこの人には勝てないと、来世のために今から頑張ろうと思わせられました。

この方以来、料理人と生産者の関係は飛躍的に伸びていると感じます。
今までは味や収量の話に留まっていましたが、
土作りや肥料のあげ方まで指導なされているからです。
どうせするんだったらそこに行こうと思っているところです。
できるかな?

とりあえず目の前のお肉から一生懸命焼いてみます。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://martan.blog31.fc2.com/tb.php/695-57b08500

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。