FC2ブログ
         

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

240年来のおもてなし 

年々余裕がなくなってきました。
今年なんてもう本当にギリギリで写真なんて撮ってる暇ありませんでした。
遠方からたくさんのお客さんがいらっしゃるので、ちょっとでもいいものを作ろうと、いろいろ手を伸ばし過ぎたのもあるかもしれません。
ただ何回も申しておりますが、この祭は神社などに奉納する祭ではなく、町人が農家の方の日頃の労をねぎらうために生まれた、ヒト対ヒトの全国でも珍しい祭です。
町人が造り物を作ったり、お囃子をつけたり、御輿を担いだり、踊りを舞ったりしながら軒下に椅子を出してお客さんにくつろいでもらう。
240年続く精一杯のおもてなしです。
年を追うごとに文化的な地位が上がってきているような気がしてなりません。
時代に合わせながら守っていくのが、浜町に生まれた人の使命のような気がします。

とりあえず手元にある写真だけでもアップしておきます。
今年は来年の干支の虎を作りました。ホワイトです。
例年のごとく骨組みを角材で作って、筋肉を竹で出していきます。
DSC00956.jpg
頭と前足のところ

DSC00958.jpg
後ろ足のところ

DSC00959.jpg
お尻から尻尾にかけて

DSC00960.jpg
個人的に一番がんばったところ尻尾の先端の曲がっているところ
結局このあと2回やり直して3回目で現在の完成形となりました。
今年は殆んどの時間を尻尾に費やしました。

DSC00962.jpg
今年の秘密兵器のジャンボ松かさです。出来上がりを見てみて下さい。
尻尾が終わったら、こればっかりやってました。
未だにこの松かさの提供者がわかりません。
探偵ナイトスクープにお願いして探してもらおうかな。













スポンサーサイト

コメント

『熱くて』ごめんねv-436

いやー、その発想なかったー。
計画進行中です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://martan.blog31.fc2.com/tb.php/474-550d4ed4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。