スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盛夏の食事会 

今回の食事会の献立の一つ、枝豆のビシソワーズを紹介します。

玉葱、長ねぎ、セロリの繊切りを、熱したフライパンにオリーブオイルを敷き、ローリエとパセリの茎を加えて蒸らし炒めにする。
20070819163021.jpg

しんなりして甘みが出てきたらジャガイモの薄切りを加える。


20070819163850.jpg
ジャガイモに8分通り火が通ったら、和風だしを加える。
ジャガイモにしっかり火が通ったら、火を止め粗熱をとる。


20070819164051.jpg
今流行のだだちゃ豆(庄内産)剥いてる最中に、豆のいい香りが漂います。


口当たりが気になるので、面倒ですが薄皮も剥きます。
20070819164246.jpg
細かい作業をゴチャゴチャ言いながらやってるオニさん


20070819164731.jpg
粗熱がとれたジャガイモベースをミキサーにかけて、ゴムヘラを使ってきれいにボウルに移す。
同じミキサーに薄皮を剥いた枝豆を入れ、和風だし(牛乳、生クリームでも可)をひたひたに加えスイッチオン。同じボウルに、これまたきれいにゴムヘラを使って移す。

ボウルごと2時間冷蔵庫に入れ冷やし込む。
冷えきったところで塩だけで調味して出来上がり。
20070819165721.jpg
供す器も冷やしておくとgoodstarです。






さて、いよいよ八朔祭が近づいて参りました。
今年も恒例の『造り物ができるまで』をご紹介します。

20070819170518.jpg

造り物の骨となる柱の位置を決め、角材をボルト締めしていく。
つづく。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://martan.blog31.fc2.com/tb.php/295-c738e50d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。