スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜 


浜町と呼ばれる由来となった地形
スポンサーサイト

もうすぐ 


近所にこれができるとテンション上がるなー^_^

気合を入れて臨みます。 

第3水曜日がだんだん定着してまいりまして、有難いです。
明日のそばの日用に
20060620140617.jpg
活き穴子を仕入れて

20060620140637.jpg
握り用に炊きました


20060620140653.jpg
モトサツいなりの揚げ

お待ちしてます。



第一回浜町検定 結果発表!!!

まずは前回の解答から ジャジャン ①です。

それでは六問全問正解のモトサツそば一年分獲得の方は・・・


残念。おられませんでした。

気を取り直して5問正解者は・・・
ゆきやさん
劇団 乳さんでした。
優秀賞と致しまして穴子握り2貫をそれぞれ差し上げます。
 
4問正解の〇サンは以前から食べたがっていた「つぶ貝(煮)」を差し上げます。

その他、参加賞と致しまして答えて下さった、ほねおりさん、紋さん、やゆさん、つさん、kotenさん、かたやんさんには、モトサツいなり二貫をそれぞれ贈呈します。
たくさんのご参加ありがとうございました。

第二回でまたお会いしましょう。さようなら。




新しい肉料理 

当店は予約制でメニューがないので、マンネリ化しないように常に新しい料理をと考えていますが、この度、肉料理の新しいのができました。

豚トロを食べやすく切り、加減した味噌に漬ける 
20060619151327.jpg


豚トロの味噌焼きです。
20060619151344.jpg

本竹の煮物と甘酸っぱい塩トマトを添えました。
今日の仲町のみなさんお楽しみに。

現在、ラム肉に挑戦中!近日発表予定。



はい。浜町検定の時間ですが第一回の浜町検定としましては今回が最終問題です。
まずは前回の解答から ジャジャン ③です。
解説しますと
の文章は新町通りの説明、
は仲町の説明、
は下市です。
屋号は江戸屋-坂田商店、備前屋-通潤酒造、丸久-昔呉服屋さんがあった、紀州屋-現存の旅館、
①は新町で浜屋は昔クリーニング屋などをされていた、豊後屋は現在の京子の所に金物屋さんがあった。
②も新町で天満屋は和菓子屋さん、本魚屋は本魚屋さんです。
③は仲町で萬屋は浜町の商店の元祖といわれているところで現在も屋号が残っています。八代屋は現在のシャディー(村井)さんです。
④の角薩摩屋は現在のモトサツ駐車場のところに醤油屋さんがあり、奥薩摩屋は仲町に小料理屋さんがあったそうです。さつまやに分家ができたので、元々のさつまやが区別のため本さつまやになりました。
 

それでは最終問題 ジャジャン
下は浜町の歴史を古い順に並べたものですが、空欄?に入る正しい文章を一つ選び記号で答えてください。

 やゆ氏、洗心会総監督に就任する。
       ↓
       
       ↓
 ほねおり氏、骨を折る。
       ↓
 ヤマトレンジャー初見参。

①新町ミドルレディース、マツケンサンバで住民を魅了する。
②山都町商工会青年部発足。
③koten氏、おみやげにしたい日本一を受賞する。
④乳氏、洗心会稽古会打上げでで仮面舞踏会を披露する。



次回、この解答とみなさんの結果と表彰式を行います。
お楽しみに。




今日の料理 

夏の食材です。
ガラスに替えただけでグッと涼しげに見えます。
20060611151922.jpg
鯒(こち)の焼霜造り

20060611152013.jpg
干潟の穴に筆を入れて獲るシャク



それでは浜町検定第六問 ジャジャン
慶長十七年(1612)愛藤寺城が幕府の命によって破却され(一国一城令)、城下町の愛藤寺町から現在の仲町の下の方に商人が移り住んだところが浜町発祥の地といわれています。
下の図の左の文章は浜町の通りの説明で、右が存在した商店の屋号を記したものですが、下の組み合わせの空欄?に入る適当な屋号を記号で答えて下さい。

 元禄十五年(1702)
新しい町造りを藩に願い出た
惣庄屋矢部勘右衛門重政により
現在の町筋がつくられ、    ------- 江戸屋・備前屋
古町との間に横町をつくって
両方をつなぐことになった。

 浜町の前身、宮原に
愛藤寺町から孫左衛門、長左衛門を
はじめその他の商人が移り住んで
商店を構えたところ。     ------- 
古町又は本町と呼ばれ
浜町で最も古い通り。

 八朔祭造り物の
ダイヤモンド賞の常連で
商店街の中で唯一       ------- 丸久・紀州屋
信号機がある一番新しい通り。


① 浜屋・豊後屋
② 天満屋・本魚屋
③ 萬屋・八代屋
④ 角薩摩屋・奥薩摩屋







お花いただきました 


アリウム

20060609230506.jpg
全部薔薇

20060610205413.jpg
グミ

20060610205438.jpg
菖蒲                          

20060610205656.jpg
カサブランカ

うちに活けてあるどの花よりもがありました。
20060610205722.jpg
伍代のなっちゃんです。お召しになられていた、御着物の柄が階段下に飾っていたアリウム(上画像)と偶然同じでした。
杉さまがうらやましーーー。


はーい お待たせしました浜町検定です。
まずは第五問の解答から。ジャジャン  ③です。
解説しますと、惟光が処刑されたのは熊本市の花崗山で、刑場に植えられた松は現在は枯れ落ちており、代わりに記念碑が建っています。
の地点は、天文十八年(1549)後奈良天皇より従二位に叙せられ阿蘇大宮司家の全盛期を支えた惟豊をはじめ一族の人々が葬られている墓所で、畏敬の念をもって『御廟』と呼ばれています。
また、物議を醸している④の『旧』とか『新』といった議論については新町広報担当のkotenさんに直接聞いてください。これからも平和なブログを目指しますのでヨロシクお願いします。
 


第六問は次号です。








鱧(はも)祭り 

京都で7月にある祇園祭は別名鱧祭りと言われるほど鱧がたくさん食べられるお祭りで、生命力の強い鱧が、京都の暑い夏に耐えられるということで昔から重宝がられていたようです。
昔は瀬戸内のモノを使っていたようですが、現在は東シナ海のモノの方が丸々と太り脂も乗っているので、そちらが大半を占めているようです。
天草の漁師さんが獲った鱧が田崎市場に揚げられ、京都が好む箱寿司用の500g前後の鱧は高値がつきトラックで関西に運ばれ、それ以外が熊本などに出回ります。

今日僕が仕入れたのは600gでした。
小骨が無数にあるので、食べたとき歯で感じない程度に身を小骨ごと細かく包丁を入れていきます。(骨切り)
20060605183157.jpg

身のほうから皮に向かって包丁を入れますが、皮一枚残してつなげると
火を入れたときに花が咲いたようになります。
僕の師匠からはその皮を半分切るぐらいのつもりでと、ご指導いただきました。
20060605183333.jpg
ミクロの世界

20060605183430.jpg
適当な幅で切り分け

20060605183729.jpg
茹でて氷水に落とし水気を切り、梅肉を添える。(鱧の落とし)

20060605183829.jpg
葛粉を打ってお吸物に(鱧吸い)


鱧吸いは4000円のコースから9月頃までご用意しております。






おまっとさんでした浜町検定です。
それでは第5問 ジャジャン

下の画像をクリックして下さい。

20060605184431.jpg
極々簡単で見にくい浜町の地図ですが、その地図上のABCDは浜町の名所・旧跡を指しています。
その説明として誤っているものを一つ選び記号で答えてください。

① は阿蘇大宮司惟種の墓で『おたっちょさん』の通称で親しまれている。
② は細川時代の行政区画で、当時の肥後藩最大の75村をまとめた
矢部手永の役所(会所)が置かれた所で、その後宝暦年間に下市の伴病院付近に移転したので従来の地を旧会所と呼んだ。
③ 文禄二年(1592)八月十二日の地において、岩尾城を望みながら年僅かに十二歳の惟光は処刑された。幼少にして父を失い、戦乱の中逃げ回り、終には無実の罪で処刑されるという、まことに苦難にみちた薄幸の生涯をあわれんだ人が、のちに一本の松を植え、「阿蘇殿松」と称してその霊を弔った。
④ は〇〇04年10月4日未明、町民体育祭の3Kロードで好成績を修め、喜び勇んで打上げで飲みすぎたモトサツさんが何かの拍子で頭をカチ割りウメイテイタところを地域住民に発見された現場で、その日以来『新町三酔狂』の一役を担うようになり、現在にその名を残している。





お祝い料理 

今日は結納の御席がございまして
20060531160117.jpg
でーん、と7キロはあろうか結納鯛を持ってこられました。

当店では、お祝いの席でよく鯛の塩釜を用意しますが、オーブンの都合上せいぜい2キロまでです。
ならばと、伊勢海老の塩釜で対抗しました。

20060531160227.jpg
バタバタと跳ね回る活きのいい伊勢海老を10分ほど氷水でシメて、薄く敷いた練り塩(粗塩と卵白をよく混ぜたもの)の上にのせる。


20060531160141.jpg
並べた海老の上からまた練り塩を被せる

20060531160203.jpg
中で蒸した状態になるように塩はすき間なく

200℃のオーブンで30分ほど焼いて
20060531160300.jpg
中身を取り出した状態

これを半割りにすると切れ目から湯気が上がりホクホク・ぷりぷりの真っ白い身が出てきますが、お客さんの目の前で提供したので画像が撮れませんでした。


20060531160243.jpg
他に矢部牛のステーキなど

特別なお祝いの席にご用命ください。






お待たせしました。浜町検定の時間でーす。

前回の答えは        ①です。

知らない人が多いかなーと思っていたら、全員正解です。
ナンダカンダいいながら、皆さんの心の中に子守唄のように染み付いているんでしょうね。今年もウキウキとがんばりましょう。

第四問は製作中です。少々お待ちください。




他のお店では見たことがない地元固有の食材 

御岳の稲原(いのばる)から、タニシ(田螺)が届きました。
湧き水のあるところにいる、とてもきれいで美味しいタニシです。
20060527175301.jpg
                            町外のお客さんをもてなす上で、そこでしか食べられないものを提供するのがベストですが、数は少なくなりましたが提供できる大切な食材の一つです。


20060527175346.jpg
今日気付きましたが、色と模様の入り方がエスカルゴにそっくりです。

丹念に洗って、熱湯に入れ茹でたものを竹串を使って貝柱だけを取りだす。
20060527175532.jpg
殻とむき身

その貝柱に塩をまぶし磨くようにもみ、たっぷりの流水で流す。
これを三度ほど繰り返しきれいにすすいで水気を切る。


20060527180335.jpg
小分けにして冷凍し、一年間提供できるように保存しておきます。




さて、今回も浜町検定の時間がやってまいりました。
まずは前回の解答から ドコドコドコドコ……ジャン!!
   ③です。
名前がついた中世のころは、現在の高校のグラウンドから桐原や岩尾城の台地まで一望できるほどの平坦地が広がっていたそうです。
他の例としては『草千里ヶ浜』など。

それでは第三問 ジャジャン
下に出ているのは浜町を題材にした唄3曲ですが、空欄ABCを埋める組み合わせのうち、正しいものを一つ選びましょう。


浜町小唄  
作詞 坂梨利兵衛  作曲 

煙る朝霧 峠を越えりゃ     
矢部郷七里に  A 萌える
酒屋白壁 桜が咲いて
矢部は茶どころ 酒どころ


矢部音頭
作詞   作曲

今年しゃー豊年 黄金の稲穂ー
八朔祭だ ちょいとウキウキとー あソレ  B   
通潤橋から しぶきがふいてー
黄金の稲穂に虹かける あソレ虹かける 


わが郷里の歌
作詞 高橋勢井子  作曲 高橋和裕(ミスター)

遥かに霞む内大臣 阿蘇の麓の五老ヶ滝
やさしい風の吹く町よ 虹に浮かんだ  C 


① A 茶の芽が   B チョチョイのチョイ  C 通潤橋
② A 茶の芽が   B ドドンがドン     C 通潤橋
③ A 茶の芽が   B ヨヨイのヨイ     C 通潤橋
④ A エビちゃんに B ホホイのホイ     C まつばの豚足






               

今日の料理 

春の山菜は名残の時期ですが、珍しいものがありました。
20060523220953.jpg
青森から幻の山菜『こしあぶら』です。熊本の市場では初めて見ました。栽培の技術が進んだのでしょうね。
となりは出始めの山形のさくらんぼです。


こちらは三角の無花果(いちじく)です。
20060523220903.jpg
これも技術が進んでいて、年々出始めが早くなっています。
皮を剥き、さっと茹でて胡麻味噌和えにしてます。


摘果きゅうりのビール漬け
20060523220928.jpg
なるべく切らずに一本まるごと



20060523220709.jpg
焼はまぐり



さーて、お待たせしました。すでに恒例となっております浜町検定です。
記念すべき第一問の答えは ドコドコドコドコ……ジャン!!
         
            ③です。

記念すべき年ですので、何かイベント考えましょう。



つづいて第二問 ジャジャン
浜町は四方を山々に囲まれた盆地ですが、なぜ水辺を表す『浜』という地名が付けられたのでしょうか?

① 昔は海だったから。
② 昔は湖があったから。
③ 平らで開けたという意味から。
④ いつもここから。 アルコリズム体操ー かわいいねー



答えは次号です。






いろいろいただきました。 

20060521163519.jpg
バラ


20060521163533.jpg
薔薇


20060521163545.jpg
鉄線


20060521163558.jpg
シャクヤク

ありがとうございました。




っと、近ごろ世の中いろいろな検定がブームになっていますが
と、突然ですが・・・毎号出題!!

勝手に浜町検定!!!!!ドンドンドンドンパフパフ

それでは、
記念すべき第一問 ジャジャン
浜町の地名の由来である『浜の館』は、南郷大宮司阿蘇惟次が白羽の矢を放って、落ちた所に構えたと伝えられていますが、
さて、その阿蘇氏が阿蘇の宮地から矢部の『浜の館』に本拠を移転して来年でちょうど何年になるでしょうか?

① 600年
② 700年
③ 800年
④ パーでんねん♪  パーぁ
 

解答は次号です。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。